ステップ

不動産売却に向けた心得として、不動産売却の流れを知るという点があります。 全体像を知らずして、理想の不動産売却は難しいと思いますので、ここでは、不動産を売却するに至るまでの流れをご説明します。

まずは、所有している不動産の相場を知り、売却価格の目安を立てるというステップがあります。 おおよその相場を知った後は、いざ不動産会社の選定に入ります。 自分の売却プランに応じて、サポートやサービスが用意された不動産会社を選びます。

その次に、不動産の物件価格の査定を依頼します。 これにより、不動産の価格が査定されることになります。

ここまでのステップを経て、次は実際に、不動産会社に仲介を依頼するステップへと進みます。

不動産会社の協力のもと、実際に不動産を売りに出します。 売りに出した不動産の購入希望者と、次は交渉を行うことになります。

また、この段階で、不動産の物件情報を、具体的に開示することになります。

買主と条件が合えば、不動産の売買契約を結ぶことになります。 無事、売買条件に合意したら、最終的に不動産の引き渡しを行います。

これらの流れが、不動産売却の際に経ていくおおまかなステップとなっています。 さまざまなポイントで、専門的な知識や経験を要しますので、ぜひ、不動産会社の手厚いサポートを受けながら、理想の不動産売却のステップを歩み始めてください。